第16回成果発表会を開催しました

 調査研究や技術開発の成果を一般の方々にも広めるため、毎年成果発表会を開催しています。 16回目を迎えた今回は、2019年2月12日に都内の大手町サンケイプラザで開催し、193人の来場がありました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 今回は「水産業の成長産業化と資源研究 -資源の回復を目指して-」をテーマとして、水産資源の適切な管理に資するために当機構が行っている研究の中から、特に資源評価に関する研究開発の成果と今後の見通しを紹介させていただきました。

 講演の後、全体質疑を行い、ご来場のみなさまから貴重なご意見をいただきました。



講演タイトル 演者 講演要旨
水産業の成長産業化に向けた資源研究 田中 健吾
(理事)
PDF
資源評価のこれから 西田 宏
(中央水産研究所 資源研究センター長)
PDF
資源評価の具体例―スケトウダラ― 山下 夕帆
(北海道区水産研究所 底魚資源グループ)
PDF
資源評価の具体例―マサバ― 由上 龍嗣
(中央水産研究所 資源評価グループ)
PDF
全体討論



会場の様子

理事長

田中 健吾(理事)

西田 宏(中央水産研究所 資源研究センター長)

山下 夕帆(北海道区水産研究所 底魚資源グループ)

由上 龍嗣(中央水産研究所 資源評価グループ)

全体討論