180707|プレスリリース|水産総合研究センター

プレスリリース

平成18年7月7日
独立行政法人水産総合研究センター
シロクラベラ(マクブ)の漁獲量増大を目指した研究に着手!


【要旨】
 シロクラベラ(奄美・沖縄地方ではマクブ)は、亜熱帯・熱帯地域の高級魚として経済的価値の高い魚種ですが、近年、漁獲量が低迷しており、資源回復が望まれています。

 西海区水産研究所石垣支所栽培技術研究室では、2001年度からシロクラベラの種苗生産に着手し、2005年には9万尾まで種苗を生産できるようになりました。 この技術を基に、石垣支所の各研究室を有機的に連結して、今年度からの5ヶ年計画で、シロクラベラの資源回復、漁獲量増大を目指したプロジェクト研究を実施することとしました。 シロクラベラの生態特性を明らかにし、得られた知見を効果的な種苗放流手法や的確な放流効果判定手法の開発に活かし、本種資源の回復、漁獲量増大につながる技術を開発することを目的としています。

 このような、生活史全体にわたる生態特性の解明と放流技術開発の総合的な研究を、亜熱帯・熱帯域で実施するのは初めての試みです。


参考資料


本件照会先:
独立行政法人 水産総合研究センター
経営企画部 広報室 スポークスマン 本間広巳 TEL:045-227-2624
西海区水産研究所 石垣支所長 中村好和 TEL:0980-88-2856
石垣支所 栽培技術研究室長 與世田兼三 TEL:0980-88-2136