おさかな通信 第 164 号 (平成30年05月09日発行)

 読者の皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
 今年のゴールデンウイークは暑い日が続きました。急な気温の変化で体調を崩されないよう、お気をつけください。


【目次】
◆ プレスリリース報告
・ (04/26)平成30年度第1回東北海区海況予報
・ (04/27)平成30年度第1回日本海スルメイカ長期漁況予報
・ (04/27)平成30年度第1回瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報
◆ シリーズ
・ 食卓を彩るさかなたち
 
◆ 刊行物のお知らせ
◆ 今月の壁紙
◆ 採用情報 ◆ 契約に関する情報
◆ Facebookについて
◆ 編集後記
・担当者のひとりごと
◆ 配信手続き
・配信停止・配信先変更等


【プレスリリース報告】
◆ 平成30年度第1回東北海区海況予報
 今後(4月下旬~5月)の見通しは、近海の黒潮続流の北限位置は平年並みで推移、親潮第1分枝の張り出しは平年並み~やや北偏で推移、常磐沖の暖水塊は仙台湾沖に、金華山沖の暖水塊は三陸沖に移動すると予測します。


◆ 平成30年度第1回日本海スルメイカ長期漁況予報
 今後(5月~7月)の見通しは、来遊量は前年並で近年平均を下回り、主な漁場は本州北部日本海以北で漁期は近年同様と予測します。


◆ 平成30年度第1回瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報
 今後(5月~6月)の見通しは、紀伊水道東部・紀伊水道西部・大阪湾・播磨灘東部・播磨灘南西部・播磨灘北西部のシラスは好漁であった前年、平年を下回ると予測します。



【シリーズ】
◆ 食卓を彩るさかなたち - 99 「マテガイ」

 食用にされる身近な魚介類を紹介していきます。第99回は、独特な形状をした「マテガイ」を紹介します。

 マテガイは、マルスダレガイ目マテガイ科に属する貝です。北海道以南の日本各地の内湾、朝鮮半島、中国沿岸などに分布しています。日本では、瀬戸内海や三河湾、東京湾など波が穏やかな内湾や砂泥域に多く見られます。

 アサリやハマグリなどと同じ二枚貝ですが、細長く四角い形が独特で、一見、棒の切れ端のように見えます。大きさは12cm~15cmほどで、殻には白色と黄褐色で木の年輪のような模様があります。殻自体は薄く、もろいです。

 マテガイは、アサリやハマグリなどと同じように潮干狩りで採取できる貝として有名ですが、その採取方法はとてもユニークです。マテガイは、砂泥域に深い穴を掘り、殻を縦にして潜っています。塩分濃度に敏感で、急激な変化があると巣穴から飛び出す習性をもっていることから、この習性を利用して、干潮時に巣穴へ食塩を入れ、飛び出してきたところを採るのが一般的です。この独特な採取方法に、時間を忘れ夢中になる人は多いようです。

 独特な形をしたマテガイですが、臭みや癖がありません。二枚貝らしくアサリ等の味に似ています。肉厚の身は柔らかく甘みがあり、殻つきのまま焼くと美味です。酒蒸しやワイン蒸し、味噌汁などでは出汁の旨みを楽しむことができます。このほか酢の物、酢味噌和え、炊き込みご飯、洋風としてバター焼きやパスタなどで美味しくいただけます。


【刊行物のお知らせ】
◆ 「研究報告」第47号を刊行しました
 水産研究・教育機構 「研究報告」 第47号を刊行しました。今号は、「漁船漁業経営の収益性改善に関する研究~宮城県気仙沼地区近海はえ縄漁業を分析対象として~」「底びき網のグランドロープに対する生物の行動と漁獲への影響に関する研究」「エチゼンクラゲ Nemopilema nomurai の鉛直移動に関する研究」を掲載しています。



【今月の壁紙】
 水産研究・教育機構は壁紙カレンダーを無料で配布しています。
 2018年5月、6月の写真は、「人工クロマグロ2歳魚」です。



【採用情報】
 水産研究・教育機構では、平成31年4月採用(一般職員、船舶職員)及び平成30年7月・10月採用(船舶職員)を予定している職員を募集しています。



【契約に関する情報】
 水産研究・教育機構の入札等に関する情報を、ホームページ上で公表しています。



【Facebookについて】
 水産研究・教育機構では、Facebookを通じて様々な情報を発信しています。アカウントをお持ちの方もお持ちでない方も、是非一度、覗いてみて下さい。



【編集後記】
 皆様今年のゴールデンウィークは満喫されましたでしょうか。長期の連休明けは少々憂鬱な気持ちになりがちですが、生活リズムを少しずつ元に戻す、休み明けに仕事を詰め込みすぎないなど、体調を崩さないよう心がけたいところです。
                                (担当:W)


【配信手続き】
配信停止、配信先変更等はこちらから手続き願います。
また、ご意見・ご感想等も、どしどしお寄せください。

 ※このメールマガジンが「迷惑メール」に判定され、ゴミ箱や迷惑メールのフォルダへ振り分けられる場合があります。
  その際には、お手数をおかけしますが、ご利用のメールソフトにおいて、「1.迷惑メールではない」というマークをつけていただき、「2.差出人をセーフリストに追加」していただきますようお願いいたします。


ご意見・ご感想等 → www@fra.affrc.go.jp