クロマグロ受精卵有償配布(休止のお知らせ)について

 種苗生産技術の向上と研究成果をより多くの関係者へ普及することを目指し、試験研究活動の一環として、西海区水産研究所まぐろ増養殖研究センターに整備されたまぐろ飼育研究施設(※)で採卵したクロマグロの受精卵を昨年度は有償配布しました。しかし、平成29年度は研究計画の都合上、昨年に比べて保有親魚数が少なく、当該施設でこれまでに飼育経験のない4歳魚を育成していることから、産卵の可能性や受精卵の計画的な確保は予察できません。さらに西海区水産研究所が実施する試験研究には相当数の受精卵が必要であることから、受精卵を供給できるだけの猶予がないことも想定されます。そのため、平成29年度のクロマグロ受精卵の有償配布は休止いたします。

 なお、緊急的な要望については別途ご相談のうえ対応を検討いたします。ただし、配布可能な受精卵の確保ができた場合のみの対応となり、産卵が終了している事態も想定されます。産卵の状況次第となりますことあらかじめご了承下さい。よろしくお願いいたします。

(※)西海区水産研究所のまぐろ飼育研究施設を利用し、計画的に受精卵を生産する技術を通じてクロマグロ養殖産業への貢献の一助となるべく、大型陸上水槽で育成した親魚の成熟や産卵を制御する研究を行っています。
(参考)国立研究開発法人水産研究・教育機構クロマグロ受精卵配布規程(PDF
【問い合せ先】
国立研究開発法人水産研究・教育機構
本部 研究推進部 連携・協力課 TEL:045-227-2709